一人親方アシストの特徴

photo1 ★ 一人親方アシストのポイント ★
● 一人親方アシストはスピーディな対応!
  最短で翌日に労災保険に加入できます!
  その日の午前中までに申込書のFAX、保険料・会費の
  振込みを行っていただければ、翌日から労災保険の
                      適用が可能です。

● 一人親方アシストは低コストを実現!
   月額会費2,000円のみで労災保険に加入できるのです!
   一人親方アシストでは、入会金、年度更新費用、給付申請費用などのその他の費用は
   一切頂きません。月額会費と労災保険料のみの負担で一人親方さんにも安心をお届け!


● 一人親方アシストはワンストップサービスを実現!
   様々な不安から一人親方さんを解消!
   労災保険に加入しても、いざ給付をもらおうと思ったら自身で申請することが必要
   なのです。事故に遭って、治療に専念すべきときに労基署まで出向いて給付申請する
   なんてムリな話ですよね。一人親方アシストは社会保険労務士事務所を併設。 
   入会 〜 年度更新 〜 事故対応 〜 給付申請
のすべてを一貫して
   代行いたします。


● 一人親方アシストはその他の建設関係の相談も可能!
   豊富な提携先を確保しているのです!
   社会保険労務士・行政書士・税理士・弁護士など多くの専門家に協力頂いてます。
   1時間程度の相談であれば無料実施可能です。(初回のみ)
   一人親方を辞めて会社設立したい、税金の相談をしたいなど
、様々な親方さんの悩みを
   解決できるのです。



※ 一人親方アシストが取り扱う労災保険とは…
   政府(厚生労働省)が保険者となり必要なときに保険給付を行うものです。
  

労災保険への加入の勧め

photo2   労災保険加入の勧め@


《一人親方さんの補償を確保!》
一人親方さんは従業員ではないですよね。そうであるなら、
万一仕事中にケガをしても労災の適用は不可能です。
労災とは正式名称「労働者災害補償保険」といい、労働者保護を目的とした保険制度
であるからです。従業員ではない一人親方さんには適用されせん。稀に健康保険を使う
からいいよ、なんて言われる親方さんもいらっしゃいますが、健康保険は仕事以外のケガ
や病気を対象としています。仕事中のケガは原則として健康保険での受診はムリなのです。
「現場作業をするなら労災保険に加入する」ことが自身を守り、ご家族を安心させるの
です。労災は、自動車保険でいうところの自賠責保険と考えてください。自動車保険は
まず、強制加入の自賠責に加入して、上乗せとしての民間の損保などに加入するのが
一般的です。これと同様にまずは労災保険に加入して、さらに手厚い給付が必要なときに
はじめて労災上乗せ保険に加入することをお勧めします。


  労災保険加入の勧めA

《一人親方さんの生活を安定化!》
建設業界に身をおく方であれば、肌で感じていることとは思いますが、現在建設業界全体
が低迷期に陥っていますよね。改正建築基準法の影響による現場数の減少にはじまり、公共
工事落札の自由化など刻々と業界を取り巻く環境が変化しています。そんな中で、労災に
対する意識の変化も著しいものがあります。元請業者さんがここ最近、現場に入る人たちの
保険関係を徹底させているのです。労災保険に加入しているか現場に入る前にチェック
して、労災保険に加入していない人は現場に入らせない、このような対応をしているよう
です。元請業者さんの気持ちを考えると当然のことだとは思いますが、下請業者や一人親方
さんからするとたまったものではありません。労災保険に加入していないと(仕事がない=
生活できない)ことになってしまいます。このような事態を防ぐためにも、仕事を安定的に
受注して生活を安定させるためにも、労災保険に加入することをお勧めします。